羊羹・和菓子 鈴木亭 HOME羊羹を作り続けて六代目 (修行中) > 鈴木越後の江戸練羊羹を引き継ぐ羊羹

スポンサーサイト

≫EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木越後の江戸練羊羹を引き継ぐ羊羹

≫EDIT

テレビ放映の影響で、全国各地からご注文を頂いております(*^_^*)
加えて北陸新幹線に乗って本店ご来店というお客様が多々。

「やっぱり本店に来てみないとね(*^^*)」

「富山に来る良い機会を与えて貰った^^」

というお客様の楽しい声(^^ゞ
いや~嬉しいですね。

そう、テレビで紹介された”杢目羊羹 枠流し”は本来本店のみだけの取扱い。
というのも、生タイプで消費期限約1週間と短いから。

(1本1本を画像のように手作業でカットしてお出ししております。)

手作業で流し込む羊羹なのでとにかく品切れが続きまして、
出来たての羊羹をお届けしております(^_^;)

枠流し羊羹


テレビでも紹介されたのですが、
当時鈴木越後の羊羹は現在の価値で1棹50,000円ほどする超高級品だったようです。
希少だった上白(上白糖)を使い、庶民が食べられる品では無かったようです。

”あこがれ”、”ぜいたく品”という扱いでの”大関”だったようです。

江戸ランキング_0005


”鈴木越後”の名を次ぐ御菓子屋は鈴木亭のみと聞いています。
(鈴木越後さんの本家は京都でお茶の先生をしておられるとテレビで紹介されていました)

初代”茂助”が15年修行し、その名、商紋(三つ鱗)を頂きましたが、
その名、その味を傷つけないよう、精進していきたいと思っております。

今回取材に携わって頂いた関係者の皆さん、ありがとうございました。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
「六代目、もっと頑張れ!」と、応援の1クリックをお願いします
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

コメント











 
プロフィール
鈴木亭 六代目

日記を書いてる人: 鈴木 真

 
杢目羊羹 鈴木亭
代表 鈴木 孝
〒930-0062
富山県富山市西町6-3

TEL:076-421-4972
FAX:076-425-7193
http://www.suzukitei.com/

慶応2年(1866年)創業の和菓子屋。富山県の県木「立山杉」の年輪を模した『杢目羊羹(もくめようかん)』が代表銘菓。

薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)、千歳(ちとせ)などの”婚礼引菓子”や”御赤飯”をはじめ、お茶会に使われる”生菓子”や”どら焼き”を製造しています。 全て職人による手作りです。

『安心、美味、幸せをお客様に』 和菓子文化の次世代への伝承、持続力ある発展のために尽力します。
「杢目羊羹を日本一の羊羹に!」
お問い合わせ、ご注文はこちらから
六代目すずきが全て対応させて頂きます。 直通ですので、お気軽に^^

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
AREA ACCESS DATA

カウンター
お世話になっています!
富山ステーションデパート銘菓協会
POWERED BY
羊羹(杢目羊羹) 鈴木亭
ページの先頭へ戻る
杢目羊羹 (木目羊羹)丸型杢目羊羹小倉羊羹 粒餡栗羊羹立山五色ヶ原羊羹ミニサイズ羊羹小型羊羹大型羊羹 ・ 特大羊羹枠流し羊羹
水羊羹 (水ようかん)どら焼き金つば・芋金つば最中・桜餅・葛饅頭・わっふる和菓子お赤飯・薯蕷饅頭 (内祝・寿に)福梅・和菓子 (お年賀に)
薯蕷饅頭・御霊 (法事・法事・仏事に)お中元ギフトお歳暮ギフト羊羹ギフト (特選ギフト)セントラム羊羹和風チョコレート鈴木亭の歴史杢目羊羹の特徴
富山の名水鈴木亭商品の取扱店舗催事案内会社情報お買い物の手引きお問い合わせサイトマップ羊羹・和菓子 鈴木亭 HOME
杢目羊羹 鈴木亭
〒930-0062 富山県富山市西町6-3 TEL:076-421-4972 FAX:076-425-7193

FC2Ad

COPYRIGHT © 羊羹・和菓子 鈴木亭 ALL RIGHTS RESERVED.
FOLLOW ME TWITTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。